日本語キーボードと英語キーボード

パソコンで文字入力をする際に使っているキーボードには大きく分けて二種類あります

日本語配列キーボード

英語配列キーボード

この二つの違いはパッと見るだけで分かります
「ひらがな」がキーに刻印されているかどうかです
ですが、この二つのキーボードの違いは「ひらがな」が刻印されているか否かだけではありません
キーの数やキーの大きさが違います
英語配列キーボードには日本語特有の「半角/全角」「変換」「無変換」「カタカナ」キーが存在しません
これは英語圏では漢字変換を行わないためです
これらのキーがない分、キーが大きかったりキーの形が違ったりするものもあります
特にエンターキー(リターンキー)は形が違います
日本語配列キーボードのエンターキーは縦長ですが英語配列キーボードのエンターキーは横長なんです
ですが日本語配列キーボードと英語配列キーボードの違いは、これだけじゃありません
記号キーの配置が細かく違います
日本語文書を入力している分には困りませんが記号混じりの文章やURL、メールアドレスを入力する際には戸惑うかもしれません
メールアドレスに含まれる「@(アットマーク)」を英語配列キーボードで入力する場合、「Shift」キーを押しながら「2」になります
他の記号キーも微妙に入力方法が違っていたり配置が違っていたりします
多くの人が日本語配列キーボードに慣れているので英語配列キーボードに乗り換えるというのは少ないかもしれませんが一部のユーザーには英語配列キーボードが人気です
市販されているパソコンに付属しているキーボードやノートパソコンのキーボードの多くは日本語配列キーボードでしょうから購入する際に意識する必要はありません

Comments are closed.